スマートフォンで医療機器

医療機器のアプリ

管理

アプリでも立派な医療機器

スマートフォンなどの端末に使われるアプリも医療用に使われる場合は医療機器として法律に則った扱いをする必要があります。医療用とは、個人が使う心拍数を計ったりするものや医師が利用する測定結果の解析や診断の補助に使われるものです。海外ではすでに医療機器として扱われていましたが、日本では2014年11月から法律の改正によってそのように扱うようになりました。いままではアプリを使った時の効果や結果などは実証する必要がありませんでしたが、このことにより有効性、安全性がしっかりしていることを確認しないと販売できないようになりました。

アプリで測定することができる

医療機器を家庭で使う必要がある人が少なからずいます。たとえば重症の糖尿病患者は毎日のように血糖測定器で血糖値を図る必要があります。そのような機器をスマートフォンなどにつないでアプリで管理することができるようになります。測定は機械でやって、その解析はスマートフォンで送るようにするのです。心電図もこのような方法で家庭でとって解析ができるようになります。海外においては実用化はもうしていますが、そのような場合はアプリも医療機器とみなされて認可が必要です。残念ながら、日本ではまだ認可が下りていない状態です。

↑PAGE TOP